チケット処理に対する責任者や責任部署の設定を簡単に管理することができます。例えば、チケットの所有を別のチームあるいは特定の担当者(エージェント)に割り当てたることができます。チケットの所有と責任が明確になることで、「私の責任ではないと思った」といったことがなくなります。

エージェントへチケットが割り当てられた状態

エージェントへチケットが割り当てられた状態

LiveAgentをご自身、お一人だけでお使いの場合には、すべてのチケットは自動的にあなたに割り当てられます。追加のエージェントを登録しても、チケットは割り当てられませんので、ルールを使って自動で割り当てるか、個々のチケットから手動で転送を使い割り当てます。

チケット所有者の変更するには:

  • チケットを別のチームに転送する
  • エージェント(担当者)を選んで割り当てる

fc01tm_08rb_02
チケットがチームに割り当てられた場合、チケットはチームのエージェントに割り当てられたわけではありません。チケットは割り当てられたチームに表示されますが、そのチームのエージェントはチケットを選んで回答するか他のエージェントに割り当てなければなりません。

メール通知

エージェントに自動でメールによる通知の設定をします。

  • チケットがエージェントに割り当てられたとき
  • 顧客が割り当てられたチケットに返答した時
  • 所属するチームのメンバーによって新しいチケットが作成された時

メール通知

メール通知

[トライアルからサポート対応させていただきます!] 14日間   無料トライアル