顧客対応を24時間365日していなければ、SLAレベルを設定しても週末がかかってしまうと無意味になり、月曜日の朝のSLAレポートは常に期限切ればかりになってしまいます。これは、祝祭日や休業日についても同じです。したがって、SLAの時間経過は業務時間外についてはカウントして欲しくありません。

fc01tm_12bh_01

営業時間の設定方法

LiveAgentの営業時間設定では、1週間の営業時間や祝祭日や特定の休日を指定して、SLAレベルの有効な時間を設定します。

fc01tm_12bh_02

営業時間の設定例

例)サポート部門の営業時間は朝9時30分から夕方の6時まで、月曜日から金曜日です。金曜日の夕方5時に受け取った新しいチケットは翌月曜日の朝の時点では”1時間経過”したチケットになります。

[トライアルからサポート対応させていただきます!] 14日間   無料トライアル