fc01tm_07tr_01時間ルールは時間だけを条件に動作する規則です。時間ルールは常にバックグラウンド、通常は分単位で機能して、条件が合致すると動作が実行されます。

よく使われる時間ルールは、リマインドメールの送信やタスクの自動処理そして、最後の回答から一定期間、顧客からの連絡がない場合に「解決」と見なして、チケットを完了させるような場合に利用します。

時間ルールの概観

時間ルールの概観

例1:問い合わせのあった24時間後に自動返信メールを送信する。
例2:一定期間完了しないチケットに対してのアクションを設定する。

時間ルールは下記の条件で実行できます

  • チケットが指定よりも古い
  • チケットステータスが指定以前に変更
  • チケット期日の期限まで
  • チケット期日が期限を過ぎた

新しい時間ルール

新しい時間ルール

時間ルールの条件リスト

  • 現在日
  • 現在時刻
  • 顧客グループ
  • 企業からの依頼
  • 依頼者が
  • チケットの割り当て先
  • チケット作成
  • チケットが削除された
  • チケットのチーム
  • チケットのステータス
  • チケットのタグ
  • チケット優先度
  • チケットのSLAレベル
  • チケットの開始リファラURL
  • チケットのステータスが変更された

時間ルールの動作リスト

  • メモを追加
  • タグを追加
  • URLを呼び出す
  • 依頼者のグループ変更
  • SLAレベルを変更
  • チケットの優先度を変更
  • チケットの件名を変更
  • チケットを削除する
  • チケットを転送
  • チケットを延期
  • チケットを解決
  • チケットの完全削除
  • 電子メールの転送
  • スパムから外す
  • スパムとしてマーク
  • タグを削除
  • 回答を送る
  • 右の宛先へメールを送る
  • 他のルールを停止する

時間ルールの設定例

時間ルールを使って、スパムとしてマークされた90日以前のメールを削除する。

時間ルールの例

時間ルールの例

[トライアルからサポート対応させていただきます!] 14日間   無料トライアル